抜け毛の何がショックかって・・・

自分の髪に不安を感じるとき・・・それブラッシング後のヘアブラシについた抜け毛を見たとき。あれ、本当は見たくないくらいショックを受けるんですよ・・・私。

何がショックかってヘアブラシに絡まった抜け毛の細さ。若い頃ブラシに着いた抜け毛はしっかりしていて、それはそれで抜けてしまってもったいないと感じましたが、抜けた毛を見てハラハラしなかった。

http://www.shipinnwadebridge.com/
ここ数年は抜けた毛のほとんどが弱々しい毛でハラハラします。自分の髪がいつからこんなに弱々しくなってしまったのかと、なんともいえない不安が身体中を駆け巡るのです。

たまに太く丈夫な毛が抜けるとまじまじと見入ってしまいます。こんな丈夫な毛が抜けてしまってもったいないと見入ってしまうわけですが、今の私の髪にもこんな丈夫そうな髪があったのだと少し嬉しく思うことも。

太くて丈夫な髪が抜けたとき私の心中は複雑なのです。年を取れば見たくないものを見ることになるし、目をそらそうにもそらせられなくなりますね・・・。年を取るということはなんて残酷なのでしょう。

老化スピードを遅らせてもやがて自分の老いた姿を見るときがやってきます。髪は女の命ですから出来るだけ良い状態を保ちたいものです。