重要なことは食事のバランス!

私は小さい頃から細身の体型をしていました。幼稚園、小学生で担任の先生につけられたあだ名は、ハリガネです。当時の写真を見てもその通りと納得がいくほどです。両親からも昔は痩せていたのにと良く言われて、今の体型を私は情けなく感じました。生活習慣が良くないわけでもありません。きちんと朝昼夜食事をとっていました。

快糖茶は市販の販売店で取り扱いあり?購入して飲んだ効果と口コミ評価!

何が悪くてこんなに太ってしまったのかと考えるようになりました。普段から友人には、食べる量が多いといわれたり、今日は少ないと言われたりしていました。そこが悪いと気付いたのはあるダイエット誌を読んでいた時です。例えば朝食事をした後にどのくらいの量を食べたのかをノートに書きとめました。その日は、食欲がなくて食パン1枚のみでした。お昼も食欲がなくて、小さなクロワッサンとサラダのみです。その後、夜は食欲があって友人と大好きなパスタ屋さんへ行きディナーセットを完食しました。パスタに、小さなドリアと、サラダ、オレンジジュースに、デザートがついた最高の食事の時間でした。

つまり、3食きちんと食べいても、その量や食べた物、組み合わせにより、バランスが少しづつ崩れてしまいます。朝昼に食べたパンは、塩分が高いため量が少なくてもカロリーが高くなります。更に注目する所は、夕飯の時間にお腹が空いてしまうという悪循環になっていたという点です。

私はこれに気付いてからちゃんと量と時間を整えて生活するようになりました。

現在両親は、私に対して昔に戻ったようだと言っています。食事のポイントを抑えることは非常に重要だと気付きました。