おすすめの本は嫌われる勇気

教育をする上で、親は自分の知っていることしかする事ができません。

それは教育に限らず、すべての物事に言えることでしょう。

セノッピーの3ヶ月の口コミを暴露!

「良い子供に育って欲しい」「友達が多い子供に育って欲しい」「しっかりした子供に育って欲しい」

親というのは様々な期待を込めて子供を育てます。

そして、自分の知っている教育方法だけではなく、ネットや本などから様々な情報やコツなどを調べることでしょう。

その中でおすすめなのが『嫌われる勇気』という本です。

商品紹介のようになりますが、それよりも内容が大事です。

この本の内容というのは親のあなたに対しても子供に対しても書かれています。

つまり、年齢分け隔てなくとても学びが多い本ということです。

この記事で書きたいのは、『嫌われる勇気』という本をおすすめすることではなく

自分で様々な情報を仕入れて実践してみるということの大切についてです。

今現在子育てをしている方や、これから子育てをする方、これから子育てしたい方それぞれいらっしゃると思います。

教育というのは、自分の思い通りに動いてくれないとストレスが溜まるものです。

それは多くの人が経験上知っているのでは無いでしょうか。

期待をすればするほど、期待をされている方にもプレッシャーがかかり、期待している方はストレスを溜めやすくなる。

そういう教育をしたいのであれば、したら良いと思います。

ですが、誰かを教育する上で大切なのは、その人の思った通りに動いて、その人がその人だけにしか感じれないものを感じ取ってもらうために信頼することでは無いでしょうか。

人それぞれ親それぞれ教育方法というのはあります。

正解も不正解もありません。

教育する側も自分の思うように動くのが1番だと思います。

ありがとうございます。

学生から社会人になる春の新生活

3月で学生生活を卒業して、4月から社会人として新生活のスタートが始まります。これまでと全く違う環境に慣れない事が多く、新社会人にとっては不安がたくさんあると思いますので、不安が少しでも軽くなるようなお話をしたいと思います。

http://ifrs-rural.com/

新社会人にとって不安な点は、人間関係だと思います。色々な世代の人と仕事をしていくにあたって指導をしてくれた人には素直に感謝して、分からないことは質問をして頑張る姿勢を見せてください。

また、笑顔で元気に挨拶をする事で、良い印象を与えて上手くいきます。

先輩達が凄く仕事が出来るように見えると思いますが、すべての人が同じく新入社員時代を通ってきて今があるので、大丈夫です。

分からない事は質問する、メモを取るなどして少しずつ仕事を覚えていってください。

学生時代のバイトと違って金額等が大きく変わります。

給料は毎月貰えるのですが、ボーナスは夏と冬の2回です。

(会社によっては1回や3回のところもあります)新入社員の初ボーナスは給料ほどの金額はいきませんが、これから上がっていくものですので、頑張ってください。

以上ですが、これからは社会人として忙しい毎日のスタートです。

来年には、先輩の立場になりますので、しっかり仕事をこなして頑張ってください。

男の子は胃腸が弱い?から思うこといろいろ

現在中学生になった息子。とにかく胃腸の弱い子でした。赤ちゃんのころからなんでもないことで下痢をしていてみんなと同じものを食べても一人だけトイレへGOなんてこともよくある話でした。そんな息子が胃腸風邪をひいてしまったらさあ大変。

http://www.greenmountainplonkers.org/

飲んでは吐き食べては下痢をし、挙句は脱水症状で点滴をする羽目になったことが何度もありました。なので当時娘が通っていた幼稚園で胃腸風邪が流行りだしたと聞くたびに憂鬱な気分になっていました。娘の幼稚園のママ友は女の子のママが多かったので息子の胃腸事情を話してみてもいまいちわかってもらえずにこの子の体質なのかしらと思っていました。

そんな息子も幼稚園に入園し、男の子のママ友ができ流行り病なにが嫌かという話になったとき以外にも胃腸風邪という人が多かったのです。みんな長引く下痢にうんざりで病院の薬も気休め程度にしか効かないと嘆いていました。

特に女の子の兄弟のいるお家はその違いは大きいと力説。私はちょっといやだいぶ安心しました。と共に男の子は胃腸が弱い説が急浮上。気づけば私の周りのいい歳の男性たちも何かというとすぐお腹にきている人多い気がします。こんなちょっとしたことだけど同じ人間でも男と女は違う性質を持った生き物なんだなあなんて子育てをしてみて改めて気づいたことでした。

背中スイッチに攻略法はあるのか

こんにちは。

http://www.globesonore.org/

息子が一歳になり、思うことがあります。

子育てはトライ&エラーの繰り返しなんですよね。その一番身近なのが寝かしつけではないかと思います。

この寝かしつけで付きまとうのが背中スイッチと呼ばれるもの。

中には一度寝たら全然起きない赤ちゃんもいますが、大半は寝たと思っても布団に下ろすとすぐ起きる赤ちゃんなのではないでしょうか。

うちの息子もその一人でして、すぐ起きてしまいます。

音にも敏感なため、あちこちに気を配らないといけないもので、特に新生児の頃は大変でした。

服が刷れる音、食器を手に取った音、外で鳴いている小鳥の鳴き声…そんなものですぐ起きるのに、布団に下ろすなんていつできるのだろうかと絶望する日々でした。

幸い、抱っこしていればずっと寝ていたので、新生児の頃は常に抱っこ紐に入れて過ごしていました。

ですが、やはり布団に下ろしたい時がきます。子育て経験者の方はわかると思いますが、これがもう難しいんですよね。

新生児の頃は、反射により少しの刺激で手足がビーンとなり自分でびっくりして起きる。

反射が無くなっても何故か布団に背中が触れた瞬間に起きる。

布団に寝かせようと抱っこから体勢を変えただけで起きる。

あまりにもすぐ起きるので、面白くなって何度も寝かしつけては下ろして起きる様を見て遊んだこともあります笑

いろいろと試しましたが、その時によるので絶対的な効果を誇るものはありませんでした。

参考までに、どんな方法を試したか書きますね。もしかしたら意外にも効果があるものが見つかるかも知れませんから。

01)そーっと置いて手を尻から先に抜く

02)そーっと置いて手を頭から先に抜く

03)そーっと置かないで丁寧にかつ素早く適当に置く

04)抱っこの状態でタオルを背中に当て、タオルごと置く

05)置いて泣きそうになったらタオルで素早く全身巻く

06)タオルで全身巻いたまま寝かしつけてそのまま置く

07)置いて泣きそうになったら両手を握ってあげる

08)置いて泣きそうになったら耳を触る

09)縦抱きのまま一緒に横になり、腕を最後に抜く

10)歌いながら寝かしつけて歌いながら置く

11)置く場所を温めておく

いかがでしょうか?

もしかしたらまだ試していないものがあるかもしれません。

ちなみに息子は、上記の方法をいろいろ試した結果、確実な方法は見つかりませんでしたが、これはもう置いても起きないなというのがやっと最近わかってきました。

それはズバリ表情。息子は爆睡すると仏像のような顔になるので、ありがたい雰囲気を醸し出しはじめたら置き時です。

きっとそれぞれに背中スイッチをONにしないように置く方法、OFFになったか見極める方法があると思います。

子育ては楽しんだもの勝ち。是非見つけてみましょう。