お肌の翳りと下り坂のはじまり

お肌のピークは10代~20代前半まででそれ以降は下り坂なんて言葉を何気なく聞いたことがあるような気がします。

現在私は25歳で四捨五入すれば30歳になる年に来ました。

シロジャムを使った私の口コミが衝撃的?効果を引き出すための3つのポイントとガチの評価をお届け!

今までお肌に関してはニキビや小鼻の黒ずみやテカリなどの悩みは持っていたものの、「劣化」に関することについては全く感じたことがありませんでした。

おや?と思い始めたのが大体24歳からです。すっぴんの顔が、明らかにやばい。

どうやばいのかというと、まず顔全体が暗い。目のクマや肌荒れの跡、顔色そのものが…

後はついにでてきた「シミ」頬の高い位置に出てきているのでこいつは間違いない。

化粧は私にとっては「社会人として必要な身だしなみ」であったのですが、この瞬間から「自分の顔の劣化を隠すもの」に変わってしまったのです。

以降、完全に家で一人でいる時のみすっぴんではあるものの、家族がいる前でも多少は化粧で劣化を隠すのが習慣になりました。

つけたまま寝てしまってもOKなおしろいを顔につけて劣化を多少隠したり、唇に全く色を付けないと顔が暗くなるのを色付きリップクリームでごまかしたりするようになりました。

何もしないでも平気な年齢はもう終わってしまったんだ…と多少悲しくはなるものの、今まで若さにかまけてなにもしてこなかった部分を見直してスキンケアや身なりを整える努力のきっかけになりました。