雨の日でもダイエット

太らないためには、食事面の意識が何よりも基本ですが、特に夕食を意識することです。夕食においてはカロリーを控えることと、
早めに済ませることが肝心です。

骨盤ショーツギュギュギュ

一日のトータルの摂取カロリーが同じであっても、夕食が多いか少ないか、そして早いか遅いかによって
ダイエットに大きな影響を与えます。

夕食後は活動量が減ってカロリーをさほど消費ぜず、脂肪合成を促進するビーマルワンという物質が多く分泌されるので
特に注意する必要があります。脂肪合成を促進するビーマルワンは夜の10時から夜中の2時の間に最大限になります。

よって夕食を食べる量が多かったり、食べる時間が遅くなると体脂肪が増えるリスクが高まります。食べることがやめられなければ、朝食と昼食で補うことです。

朝食と昼食をしっかりと食べると、夕食は少なくてすみます。そして夜早く寝る習慣をつけると、夕食を食べる量が減り、食べる時間も早くなります。
それに加えて朝寝坊をするリスクも少なくなります。反対に夕食をたくさん遅い時間に食べて、寝る時間が遅くなると太るリスクが高くなるだけでなく、

朝起きるのがつらくなって生活のリズムも乱れてます。よって夕食を意識することは太るリスクを回避できて、生活のリズムも安定して一石ニ鳥です。

ダイエットのためには、生活のリズムを整えることも含めて、まず夕食を意識してみましょう。