髭剃りによる「肌荒れ」を防ぐために知っておくべき4つの対策

突然ですが、皆さんはどれくらいの頻度で髭を剃っていますか?
私は髭が伸びやすいので毎日、朝と夜に1回ずつ剃っています。
しかし、髭を剃った後に肌が荒れてヒリヒリしたり、かゆみを起こしたりなどの悩みを抱えていました。
そこで、今回は頻繁に髭剃りを行う方に向けて私が実践し効果があると感じた髭剃りによる肌荒れへの対策について紹介していきます。

プルエスト

まずは、剃りによる肌荒れへの対策です。
電気シェーバーですが、私は以前、T字剃刀を使用していましたが、肌がヒリヒリし、出血を起こすことが頻繁にありました。
しかし、電気シェーバーに変えてからは時々かゆみを起こす程度で、肌のヒリヒリ感や出血するようなことはなくなりました。
やはり、肌との摩擦が少ない分、肌へのダメージは電気シェーバーの方が少ないようです。
単品の価格ではT字剃刀の方が安価ですが、消耗品であることを踏まえ年間を通じた費用を考えると電気シェーバーの方が安くなることもあります。
そこで、私はT字剃刀よりもこちらをおすすめします。

次に、蒸しタオルの温熱効果は肌と髭を柔らかくして毛穴を広げ、刃が肌にダメージを与えることを防ぎつつ深剃りができるようになります。
よく絞ったタオルを電子レンジで20~30秒温めるだけで簡単に作れて気分もさっぱりするのでおすすめです。

電気シェーバー用プレシェーブローション
あまりなじみのない商品かもしれませんが、電気シェーバーで顔をそる前にこのローションを塗ると肌の滑りがよくなります。
乾燥した状態よりも快適に髭をそることができるようになります。
私は最初、乾燥した状態で電気シェーバーを使用していたので、剃った後にかゆみを感じていました。
しかし、これを使うようになってからは髭剃り後の肌のかゆみはなくなりました。

アフターシェーブローション
髭剃りをした後の肌の乾燥でも肌が荒れるので、保湿や抗菌効果のあるアフターシェーブローションの使用をおすすめします。
以前は、髭剃りをした箇所に雑菌が入ってニキビができることがありました。しかし、これを使用するようになってからはニキビができる頻度が格段に少なくなりました。

いかがでしたでしょうか?
髭剃りは、頻繁に行う「身だしなみ」の一つです。
だからこそ、肌へのトラブルが起きないように電気シェーバーの使用、髭剃り前後に保湿を心掛ける必要があることを理解できたと思います。
髭剃りによる肌の悩みを抱えている方はぜひともこの記事で述べた方法を実践し、快適な髭剃りを行いきれいな肌を手に入れてください。