後悔先に立たず!!若気の至りで…。

今から20年近く前の大学生の10代の時、美容院で髪を切るたびに、美容院ではなく、自宅で市販のヘアカラーで髪を染めていました。

通っていた高校が厳しく、髪染め禁止だった為、地元を離れた大学に通うことで、自由だ!!という解放感で、ずいぶん明るいカラーにしていました。

ニューモ育毛剤を使った効果

20歳になる頃、少し髪質が変わり、元々剛毛だったのが少し細くなったような気がしてきました。

その頃には後に始まる就職活動に備え、髪染めを止め、自然に黒髪に戻していく最中だったのですが、今まで通りのスタイルが決まらなくなり、次第に抜け毛が増えてきました。

まだ20歳と若く、これから就職活動を控えているのに、次第に薄くなっていくことに恐怖を覚え、市販のスプレー式の気休め程度の育毛剤を試したが効果は得られず、入浴のたびに抜け毛の本数を数えたりもしていました。

これは本当にマズイと思い、母親に相談し、借金をする形で大手育毛サロンにも通いました。

父親が薄毛だったので、切実に訴えたら貸してくれたのです。

しかし、抜け毛を気にして通っているのに、サロンでの洗髪時にガシガシ洗われることに嫌気と疑問を感じ、早々に途中解約しました。

そこからは、自分でネットで調べ、男性ホルモンが脱毛の原因になる物質に変換されるのを抑える薬品を個人輸入したり、同じ効果が期待されるサプリメントを服用したり、温泉水で作られた育毛剤等々、色々なものを試しました。

少なくとも、薬品とサプリメントには一定の効果はあり、抜け毛は相当減り、20年弱経った今では年相応より少し少ないのかな程度で留まっていますが、今でもサラサラになるようなシャンプーを使えばペタンとした髪形になってしまう為、コワゴワに仕上がるようなシャンプーをネットで定期的に購入したり、苦労は絶えません。

余談ですが、以前実家の弟の部屋で、上述した薬品の空き箱のゴミを見つけ、弟も薄毛のスイッチが入ったのに抗う為に服用していたのか、それとも薄毛の父親を持つ故に、将来の為に予防に努めたのかは定かではないですが、今まで髪染めをしたことのない弟は剛毛です。

若気の至りとは言え、抗う為に使った金額を考えれば、髪染めなんかしなければ良かったと本当に後悔しています。