おすすめの本は嫌われる勇気

教育をする上で、親は自分の知っていることしかする事ができません。

それは教育に限らず、すべての物事に言えることでしょう。

セノッピーの3ヶ月の口コミを暴露!

「良い子供に育って欲しい」「友達が多い子供に育って欲しい」「しっかりした子供に育って欲しい」

親というのは様々な期待を込めて子供を育てます。

そして、自分の知っている教育方法だけではなく、ネットや本などから様々な情報やコツなどを調べることでしょう。

その中でおすすめなのが『嫌われる勇気』という本です。

商品紹介のようになりますが、それよりも内容が大事です。

この本の内容というのは親のあなたに対しても子供に対しても書かれています。

つまり、年齢分け隔てなくとても学びが多い本ということです。

この記事で書きたいのは、『嫌われる勇気』という本をおすすめすることではなく

自分で様々な情報を仕入れて実践してみるということの大切についてです。

今現在子育てをしている方や、これから子育てをする方、これから子育てしたい方それぞれいらっしゃると思います。

教育というのは、自分の思い通りに動いてくれないとストレスが溜まるものです。

それは多くの人が経験上知っているのでは無いでしょうか。

期待をすればするほど、期待をされている方にもプレッシャーがかかり、期待している方はストレスを溜めやすくなる。

そういう教育をしたいのであれば、したら良いと思います。

ですが、誰かを教育する上で大切なのは、その人の思った通りに動いて、その人がその人だけにしか感じれないものを感じ取ってもらうために信頼することでは無いでしょうか。

人それぞれ親それぞれ教育方法というのはあります。

正解も不正解もありません。

教育する側も自分の思うように動くのが1番だと思います。

ありがとうございます。